FC2ブログ

幼馴染と・・・   2013/08/24


お盆を過ぎてから、少し猛暑も落ち着いた新潟。日が落ちるとホンの少しですが秋の気配がチラついているかなと・・・・・でも暑いには変わりありません(笑) 
 
 先日、約1年ぶりに幼馴染4人と宅飲みをしました。
5人中結婚しているのは2人。全て女性たち☆男は全て未婚という相変わらずです。
たった1年ではありましたが、自分も含め色々あったみたいで話を聞くたびに驚きもあり、嬉しいこともありと酒と食事がすすみます。

 そんな会話の中で非常に心に残る言葉がありました。
 幼馴染の出産にまつわる話をしていた時に、普通時なら痛みに耐えられないが自分の子供に会えるという希望や未来があるからこそ、その時の痛みに耐えられる。また出産を経験すると自分の誕生日が『自分おめでとう』ではなく『お母さん生んでくれてありがとう』に意識が変わるという事らしいのです。
 自分は男なのでその感覚は一生分からないかもしれませんが、何かこう漠然と『女の人って偉大だな』と酔っている中でも本当に心に残りました。
 そんな子供や命と全く比べる事も、比較する対象でも無いことも理解したうえで、希望がある未来があると思っている信じているからこそ今の辛さや大変さ、苦労も耐えられるという気持ちは、少し今の自分にも共通するものがあるなと考えふけってしまいました。
 
 また、別の幼馴染と話していた『世の中に無料(タダ)というものはない』ということも最近改めて言葉の重みを考えさせられる事がありました。昔の人も言っています、『タダほどコワいものはない』。
 これはモノや金額・お金に限ったことばかりではありません。人からの親切心・手伝いでも他人の労働力や拘束する時間等々・・・・全てタダではありません。それには理由や要因、意味が隠れています。
 それに対して当たり前だと思うのではなく、対する配慮を欠けさせないように日々意識していきたいと思います。

 

 昨日、新潟市若手商人塾『納涼会』に出席してきました。
仕事の関係上ナカナカ今年は出席が出来ていませんでした。商人塾とは新潟市が、21世紀を担う若手商人、これから商人を志す人たちなどが力を合わせ、繁盛する店・魅力ある店をみんなで考えていく「新潟若手商人(あきんど)塾」を開講している塾です。
 塾の運営や企画立案を塾生が自主的に行い、自分たちが興味を持っていること、知りたいことなどを研究・実践しています。若い商人同士の交流のチャンスであり、情報交換ができるメリットもあります。簡単に言えば色々な職業で独立している方、独立したい方、後継ぎの方たちとの勉強会みたいなものです。
 人生の先輩が多く非常に刺激のある交流をさせてもらいました!やっぱり、色々な人の考え方を聞くのは面白いです☆


1167418_415089201935883_1465519092_o.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)